Pat
J-GLOBAL ID:200903000437012267

軸受用材料およびその製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 波多野 久 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000151957
Publication number (International publication number):2001335363
Application date: May. 23, 2000
Publication date: Dec. 04, 2001
Summary:
【要約】【課題】金属の熱膨張率と同等として金属とのマッチングを改善して、一層の静粛性向上および精密制御性向上を図った軸受用材料、および、転がり疲労による相転移および摩耗を低減できる軸受用材料を得る。また、製造コスト低減を図った軸受用材料の製造方法を得る。【解決手段】安定化剤としてMgO、またはMgOを必須としてCa、Tiおよび希土類元素の酸化物の少なくとも1種を加えて合計2〜15mol%を含有した実質的な酸化ジルコニウムが70〜99.95vol%、SiC、TiC、MoC、WC、ZrC、HfC、Al2O3、MgAl2O4、ZnOまたはNiOの少なくとも1種が0.05〜30vol%、その他の不純物が3vol%以下からなることを特徴とする。
Claim 1:
安定化剤としてMgO、またはMgOを必須としてCa、Tiおよび希土類元素の酸化物の少なくとも1種を加えて合計2〜15mol%を含有した実質的な酸化ジルコニウムが70〜99.95vol%、SiC、TiC、MoC、WC、ZrC、HfC、Al2O3、MgAl2O4、ZnOまたはNiOの少なくとも1種が0.05〜30vol%、その他の不純物が3vol%以下からなることを特徴とする軸受用材料。
IPC (7):
C04B 35/48 ,  C22C 29/06 ,  C22C 29/08 ,  C22C 29/10 ,  C22C 29/16 ,  C22C 32/00 ,  F16C 33/32
FI (9):
C04B 35/48 Z ,  C22C 29/06 Z ,  C22C 29/08 ,  C22C 29/10 ,  C22C 29/16 J ,  C22C 32/00 N ,  C22C 32/00 P ,  C22C 32/00 X ,  F16C 33/32
F-Term (30):
3J101AA01 ,  3J101AA02 ,  3J101AA62 ,  3J101BA10 ,  3J101EA41 ,  3J101EA42 ,  3J101EA43 ,  3J101EA44 ,  3J101EA80 ,  3J101FA01 ,  3J101FA08 ,  3J101FA31 ,  3J101FA44 ,  3J101GA53 ,  4G031AA03 ,  4G031AA04 ,  4G031AA08 ,  4G031AA11 ,  4G031AA12 ,  4G031AA23 ,  4G031AA26 ,  4G031AA29 ,  4G031AA37 ,  4G031AA38 ,  4G031BA20 ,  4G031GA04 ,  4G031GA09 ,  4G031GA10 ,  4G031GA11 ,  4G031GA12

Return to Previous Page