Pat
J-GLOBAL ID:200903000443840910

タクシー料金精算システム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 金倉 喬二
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007251769
Publication number (International publication number):2009086716
Application date: Sep. 27, 2007
Publication date: Apr. 23, 2009
Summary:
【課題】タクシーを利用した社員の事後精算の必要をなくい、社員のタクシーを承認する承認者が業務上のタクシー利用か否かを正確に判断できるようにする。【解決手段】電子マネーリーダライタ9はタクシー料金支払時に社員が所持する携帯電話1または非接触ICカード2から電子マネーIDを読み取ると共に、タクシーメータ7からタクシー利用料金を取得してその金額を携帯電話1または非接触ICカード2に格納された電子マネーの残高から減額する。そしてカーナビ8からから乗車位置及び降車位置の情報を取得して、前記電子マネーID、タクシー利用料金の金額、乗降車位置等の情報を利用情報としてWebサーバ11に送信し、この利用情報をDBサーバ15の利用情報のDB18に格納して端末19からの要求により該当企業の社員の利用情報を端末19に送信する。【選択図】図1
Claim 1:
識別子及び電子マネーを格納した携帯可能な媒体と、 タクシーに装備され、企業の社員のタクシー利用時に乗車位置と降車位置を入力する位置入力装置、及び電子マネーリーダライタと、 前記電子マネーリーダライタと無線で通信が可能なサーバと、 前記企業に設置され、通信回線を介して前記サーバと通信が可能な端末を備え、 前記電子マネーリーダライタはタクシー料金支払時に前記社員が所持する前記媒体から識別子を読み取ると共に、タクシーメータからタクシー利用料金を取得してその金額を前記媒体に格納された電子マネーの残高から減額し、かつ前記位置入力装置から乗車位置及び降車位置の情報を取得して、前記識別子、タクシー利用料金の金額、乗降車位置の情報を利用情報として前記サーバに送信し、 前記サーバは前記電子マネーリーダライタから受信した前記利用情報をデータベースに格納して、前記端末からの要求により該当企業の社員の利用情報を前記端末に送信することを特徴とするタクシー料金精算システム。
IPC (3):
G07B 13/00 ,  G06Q 10/00 ,  G06Q 20/00
FI (6):
G07B13/00 L ,  G06F17/60 166 ,  G06F17/60 510 ,  G06F17/60 506 ,  G06F17/60 410E ,  G06F17/60 410C
F-Term (2):
3E027FA04 ,  3E027FA07
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)

Return to Previous Page