Pat
J-GLOBAL ID:200903000474291850

水洗便所装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 石田 長七 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992103372
Publication number (International publication number):1993295778
Application date: Apr. 23, 1992
Publication date: Nov. 09, 1993
Summary:
【要約】【目的】 用便後の人体の局部を洗浄する機能を備え、しかも、簡単な構成で腰掛け器体の内面を洗浄できて清潔にすることができる。【構成】 既設の水洗式の和風便器を覆うように載設固定した腰掛け器体2に人体の局部に洗浄水を噴射する局部洗浄装置3を取付ける。局部洗浄装置3の洗浄水を分岐して腰掛け器体2の内面部を洗浄するための吐水口4を腰掛け器体2に設ける。このことにより、腰掛け器体2に腰掛けて用便ができ、用便後に局部洗浄装置3により人体の局部の洗浄ができ、また、局部洗浄装置3の洗浄水を分岐して腰掛け器体2内面の洗浄を行う。
Claim (excerpt):
既設の水洗式の和風便器を覆うように載設固定した腰掛け器体に人体の局部に洗浄水を噴射する局部洗浄装置を取付け、局部洗浄装置の洗浄水を分岐して腰掛け器体の内面部を洗浄するための吐水口を腰掛け器体に設けて成ることを特徴とする水洗便所装置。
IPC (2):
E03D 9/08 ,  E03D 11/02
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 特開昭61-216946
  • 特開昭63-156131

Return to Previous Page