Pat
J-GLOBAL ID:200903000494364978

圧力差スイッチ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994087089
Publication number (International publication number):1996203399
Application date: Feb. 28, 1994
Publication date: Aug. 09, 1996
Summary:
【要約】【目的】 自動車が海川等に落ちた時、車外に脱出できずに水死する人が多い、この様な水死者をなくすようにする。【構成】 向い合った、うすい銅板又はそれに類するものを電極(4)として内部におき、外部より圧力が加わると内部にへこむビニール等の素材の袋状のもの(1)の中に入れ、外部より圧力がかかった時内部にへこみ、電極が接触し、電流が通じる圧力差スイッチ。このスイッチを車のバッテリー、電動ウインドのモーターその他に配線しスイッチに電流が通じた時に自動的にウインドガラスが下がる様にセットしておくと車が水に落ちた時も沈むまでの時間差を利用して、水圧にりスイッチが作動してウインドガラスが開き乗員が脱出できる。
Claim (excerpt):
向い合った、うすい銅板又はそれに類するものを電極(4)として内部におき、外部より圧力が加わると内部にへこむビニールその他それに類する素材の袋状のもの(1)の中に入れ、外部より圧力がかかった時、ビニールその他それに類する素材の袋が内部にへこみ、向い合った電極(4)を接触させ電流が通じる圧力差スイッチ。
IPC (2):
H01H 35/34 ,  B60R 16/02 630

Return to Previous Page