Pat
J-GLOBAL ID:200903000520127084

廃水処理装置及び廃水処理方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004189884
Publication number (International publication number):2006007137
Application date: Jun. 28, 2004
Publication date: Jan. 12, 2006
Summary:
【課題】下水、生活排水、し尿、産業廃水などの廃水を、生物学的に脱窒・脱リンする廃水処理において、効率的な有機物、窒素及びリン除去を行って、高水質の処理水を得ることができる廃水処理装置及び廃水処理方法を提供する。【解決手段】廃水を、活性汚泥の存在下で、嫌気槽、好気槽、無酸素槽の順に供給し、好気槽の活性汚泥混合液の一部を嫌気槽に供給し、無酸素槽の活性汚泥混合液の一部を嫌気槽及び好気槽に供給し、好気槽に備えたろ過膜により処理水を分離する。【選択図】図1
Claim (excerpt):
廃水の供給側から嫌気槽と、好気槽と、無酸素槽とをこの順で備え、好気槽にろ過膜を備え、嫌気槽に、廃水を供給する配管と、好気槽からの活性汚泥混合液を供給する配管と、無酸素槽からの活性汚泥混合液を供給する配管とを備え、好気槽に無酸素槽からの活性汚泥混合液を供給する配管を備えたことを特徴とする廃水処理装置。
IPC (2):
C02F 3/34 ,  C02F 1/44
FI (2):
C02F3/34 101B ,  C02F1/44 K
F-Term (29):
4D006GA06 ,  4D006GA07 ,  4D006HA01 ,  4D006HA41 ,  4D006HA82 ,  4D006HA93 ,  4D006KA01 ,  4D006KA31 ,  4D006KB22 ,  4D006KB23 ,  4D006MA01 ,  4D006MA03 ,  4D006MA06 ,  4D006MC22 ,  4D006MC23 ,  4D006MC29 ,  4D006MC30 ,  4D006MC39 ,  4D006MC58 ,  4D006MC62 ,  4D006PA01 ,  4D006PB08 ,  4D006PC62 ,  4D040BB05 ,  4D040BB32 ,  4D040BB54 ,  4D040BB57 ,  4D040BB72 ,  4D040BB91
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 廃水の処理方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2000-137559   Applicant:栗田工業株式会社
  • 窒素・リン除去方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2002-258521   Applicant:日立プラント建設株式会社

Return to Previous Page