Pat
J-GLOBAL ID:200903000530251204

燃焼式ヒータ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 長谷川 好道
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997251608
Publication number (International publication number):1999083194
Application date: Sep. 17, 1997
Publication date: Mar. 26, 1999
Summary:
【要約】【課題】 熱交換率を向上するとともに背圧を低減して、燃料消費量と電力消費量の低減を図る。【解決手段】 燃焼筒16の外周部に熱交換壁18を、これらの間に燃焼ガス室が形成されるように配置する。着火された燃焼ガスに旋回流を付与して該燃焼ガスを燃焼筒16から燃焼ガス室20を通過させる。熱交換壁18の内面に、受熱用リブ21を、上記燃焼ガスに付与された旋回流と同方向の螺旋状に形成する。
Claim (excerpt):
燃焼筒の外周部に熱交換壁を、これらの間に燃焼ガス室が形成されるように配置し、着火された燃焼ガスに旋回流を付与して該燃焼ガスを燃焼筒から燃焼ガス室を通過させるものにおいて、上記熱交換壁の内面に、受熱用リブを、上記燃焼ガスに付与された旋回流と同方向の螺旋状に形成したことを特徴とする燃焼式ヒータ。
IPC (5):
F24H 3/06 301 ,  B60H 1/03 ,  B60H 1/22 ,  F23D 3/40 ,  F28D 7/10
FI (5):
F24H 3/06 301 ,  B60H 1/03 A ,  B60H 1/22 ,  F23D 3/40 C ,  F28D 7/10 A

Return to Previous Page