Pat
J-GLOBAL ID:200903000571380329

腹膜透析装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 大塚 康徳 (外3名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001185383
Publication number (International publication number):2003000705
Application date: Jun. 19, 2001
Publication date: Jan. 07, 2003
Summary:
【要約】【課題】 患者自身による透析治療の自動化が可能であり、また、操作性が極めて明瞭で分かりやすく、最適な条件で治療を行うことができ、トラブルが発生しても容易に対処できる腹膜透析装置の提供。【解決手段】 透析液が充填された少なくとも一つの透析液容器と、透析液を回収する少なくとも一つの排液容器とを含む透析液回路と、透析液容器を起点とし、または排液容器を終点として、透析液を送液する送液手段と、透析に関する条件を表示する条件を知らせる表示部23を有し、送液手段により患者側に透析液を供給するとともに、その排液を回収することで透析を行うために必要となる操作手順を、表示部23において音声ガイドとともに文字を含む静止画像または動画像で表示する。
Claim (excerpt):
透析液が充填された少なくとも一つの透析液容器と、透析液を回収する少なくとも一つの排液容器とを含む透析液回路と、前記透析液容器を起点とし、または、前記排液容器を終点として、透析液を送液する送液手段と、透析に関する条件を表示する条件を知らせる表示手段とを有し、前記送液手段により患者側に透析液を供給するとともに、その排液を回収することで透析を行う腹膜透析装置であって、前記透析のために必要となる操作手順を、前記表示手段の表示部において音声ガイドとともに文字を含む静止画像または動画像で表示することを特徴とする腹膜透析装置。
IPC (2):
A61M 1/28 ,  A61M 1/14 599
FI (2):
A61M 1/28 ,  A61M 1/14 599
F-Term (5):
4C077AA06 ,  4C077BB01 ,  4C077DD30 ,  4C077EE03 ,  4C077HH21
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (17)
  • 腹膜透析装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-061861   Applicant:テルモ株式会社
  • 輸液システムにおける状況表示装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-160366   Applicant:シヤープ株式会社
  • 血液透析装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-199161   Applicant:株式会社日本メディカル・サプライ
Show all

Return to Previous Page