Pat
J-GLOBAL ID:200903000593179139

エンジンのための燃料温度制御用バイパス回路装置、及びエンジンのための燃料温度制御用バイパス回路装置と同燃料フィルタとを一体的に組合せてなる結合装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 森 哲也 (外3名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998043867
Publication number (International publication number):1998318062
Application date: Feb. 25, 1998
Publication date: Dec. 02, 1998
Summary:
【要約】【課題】 簡単な装置で短時間でエンジンに供給される燃料を予熱するための装置を提供する。【解決手段】 エンジンからの過剰供給された燃料を受け入れるためのインレットポート及びエンジンからの過剰供給された燃料を燃料供給タンクに返送するためのアウトレットポートを備えている、エンジンのための燃料温度制御用バイパス回路装置において、燃料を供給するための燃料供給タンクと、燃料を前記燃料供給タンクから前記エンジンに送給連絡するための手段と、燃料供給タンクとエンジンとの間に配置された燃料フィルタと、前記エンジンからの過剰供給された燃料をエンジンから前記燃料供給タンクに返送するための返送連絡手段と、前記エンジンのアウトレットポートから返送される過剰供給燃料の温度を検知するための温度検知手段と、前記燃料フィルタ内の燃料の温度が所定温度より低い場合に、前記エンジンからの過剰供給された燃料を前記燃料フィルタの近傍に転送する転送手段と、を具備する、エンジンのための燃料温度制御用バイパス回路装置。
Claim (excerpt):
エンジンからの過剰供給された燃料を受け入れるためのインレットポート及びエンジンからの過剰供給された燃料を燃料供給タンクに返送するためのアウトレットポートを備えている、エンジンのための燃料温度制御用バイパス回路装置において、燃料を供給するための燃料供給タンクと、燃料を前記燃料供給タンクから前記エンジンに送給連絡するための手段と、燃料供給タンクとエンジンとの間に配置された燃料フィルタと、前記エンジンからの過剰供給された燃料をエンジンから前記燃料供給タンクに返送するための返送連絡手段と、前記エンジンのアウトレットポートから返送される過剰供給燃料の温度を検知するための温度検知手段と、前記燃料フィルタ内の燃料の温度が所定温度より低い場合に、前記エンジンからの過剰供給された燃料を前記燃料フィルタの近傍に転送する転送手段と、を具備する、エンジンのための燃料温度制御用バイパス回路装置。
IPC (2):
F02M 37/00 ,  F02M 37/22
FI (2):
F02M 37/00 P ,  F02M 37/22 D
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (1)
  • 特開昭57-131858

Return to Previous Page