Pat
J-GLOBAL ID:200903000606085872

電流検出器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 尾股 行雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996139890
Publication number (International publication number):1997318673
Application date: Jun. 03, 1996
Publication date: Dec. 12, 1997
Summary:
【要約】【課題】 導線の巻回工程をなくすとともに、実装容積が小さく、かつ、高い耐電圧特性とすることの可能な電流検出器を提供することを解決すべき課題とする。【解決手段】 台座(21)の一方の面に積層された薄板状のコイル基板(22)と、磁気ー電圧変換素子(23)を備え、前記コイル基板(22)上に積層された回路基板(24)と、これらの台座(21)、コイル基板(22)、および、回路基板(24)を挟み込むようにして装着された磁性体コア(25)とを具備する電流検出器(20)であって、前記コイル基板(22)と回路基板(24)との間には、前記台座(21)と協働して、前記コイル基板(22)を略全面に亙って被覆する絶縁部材(26)が介装されていることを特徴とする。
Claim (excerpt):
台座(21)の一方の面に積層された薄板状のコイル基板(22)と、磁気ー電圧変換素子(23)を備え、前記コイル基板(22)上に積層された回路基板(24)と、これらの台座(21)、コイル基板(22)、および、回路基板(24)を挟み込むようにして装着された磁性体コア(25)とを具備する電流検出器(20)であって、前記コイル基板(22)と回路基板(24)との間には、前記台座(21)と協働して、前記コイル基板(22)を略全面に亙って被覆する絶縁部材(26)が介装されていることを特徴とする電流検出器。

Return to Previous Page