Pat
J-GLOBAL ID:200903000632229440

ゴミ焼却炉

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 北村 修
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994020827
Publication number (International publication number):1995229614
Application date: Feb. 18, 1994
Publication date: Aug. 29, 1995
Summary:
【要約】【目的】 燃焼帯上のゴミの容量や分布にかかわらず、過剰空気の供給を防ぎながら不完全燃焼の発生を回避できるゴミ焼却炉を提供する。【構成】 底部から供給される燃焼用の空気によりゴミを焼却処理するストーカ式の焼却処理帯Sに対して、前記焼却処理帯Sの側壁12に複数のノズル13を配設するとともに、前記焼却処理帯Sにおける火炎の燃焼状態を検出する燃焼状態検出手段17を設けて、前記燃焼状態検出手段17により検出された酸素不足空間に、前記ノズル13を選択的に作動して、燃焼用ガスを供給する燃焼用ガス供給手段18を設けて構成する。
Claim (excerpt):
底部から供給される燃焼用の空気によりゴミを焼却処理するストーカ式の焼却処理帯(S)に対して、前記焼却処理帯(S)の側壁(12)に複数のノズル(13)を配設するとともに、前記焼却処理帯(S)における火炎の燃焼状態を検出する燃焼状態検出手段(17)を設けて、前記燃焼状態検出手段(17)により検出された酸素不足空間に、前記ノズル(13)を選択的に作動して、燃焼用ガスを供給する燃焼用ガス供給手段(18)を設けてあるゴミ焼却炉。
IPC (4):
F23G 5/50 ZAB ,  F23G 5/50 ,  F23G 5/00 ZAB ,  F23G 5/00 109

Return to Previous Page