Pat
J-GLOBAL ID:200903000656481183

穀類容器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 佐野 義雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996090268
Publication number (International publication number):1997255082
Application date: Mar. 19, 1996
Publication date: Sep. 30, 1997
Summary:
【要約】【課題】 組み立て格納作業が容易にでき、加えて格納スペースの大巾な縮小が図れる穀類容器を提供することにある。【解決手段】 縦杆(1a)と横杆(1b)により平面形状が方形状の立方枠体(1)を構成し、該立方枠体(1)の内側に、この立方枠体(1)の一側軸線にそって断面形状がV字形ホッパー構造の底板(2)を張設するとともに、底板(2)の谷部に穀類搬送手段(4)を装架せしめ、前記立方枠体(1)の上部四辺に、少なくとも外周が縦,横の枠杆によって補強された側板(5),(6)を起伏可能に蝶着した増ホッパー(B)を設け、一方、この増ホッパー(B)を構成する一方の相対する一対の側板(5)が、前記ホッパー構造の底板内上部に水平姿勢で折りたたみ格納保持され、他方の相対する一対の側板(6)両縁が、前記立方枠体(1)を構成する上部横杆(1b)上に折りたたみ支持されるようにしたことを特徴とする。
Claim (excerpt):
縦杆と横杆により平面形状が方形状の立方枠体を構成し、該立方枠体の内側に、この立方枠体の一側軸線にそって断面形状がV字形ホッパー構造の底板を張設するとともに、底板の谷部に穀類搬送手段を装架せしめ、前記立方枠体の上部四辺に、少なくとも外周が縦,横の枠杆によって補強された側板を起伏可能に蝶着した増ホッパーを設け、一方、この増ホッパーを構成する一方の相対する一対の側板が、前記ホッパー構造の底板内上部に水平姿勢で折りたたみ格納保持され、他方の相対する一対の側板両縁が、前記立方枠体を構成する上部横杆上に折りたたみ支持されるようにしたことを特徴とする穀類容器。
IPC (6):
B65D 88/52 ,  A01F 25/14 ,  B60P 1/64 ,  B60P 3/00 ,  B60P 3/22 ,  B65D 90/18
FI (6):
B65D 88/52 ,  A01F 25/14 A ,  B60P 1/64 A ,  B60P 3/00 M ,  B60P 3/22 B ,  B65D 90/18
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 穀物コンテナ
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平7-319046   Applicant:株式会社タイショー
Cited by examiner (1)
  • 穀物コンテナ
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平7-319046   Applicant:株式会社タイショー

Return to Previous Page