Pat
J-GLOBAL ID:200903000672624865

連続鋳造法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 井上 雅生
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993145384
Publication number (International publication number):1994335759
Application date: May. 26, 1993
Publication date: Dec. 06, 1994
Summary:
【要約】【目的】 本発明は、連続鋳造鋳片の厚み中心部に見られる不純物元素、例えば鋼鋳片の場合には、硫黄、燐、マンガン等の偏析を防止し、均質な金属を得ることのできる連続鋳造法を提供する。【構成】 鋳片を連続的に引き抜く溶融金属の連続鋳造法の軽圧下法において、鋳型注入終了時以降に、定常状態の鋳造速度よりも1〜20%分減速して引き抜く事を特徴とする連続鋳造方法。
Claim (excerpt):
鋳片を連続的に引き抜く溶融金属の連続鋳造法の軽圧下法において、鋳型注入終了時以降に、定常状態の鋳造速度よりも1〜20%分減速して引き抜くことを特徴とする連続鋳造方法。
IPC (2):
B22D 11/20 ,  B22D 11/128 350
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (1)
  • 特開平1-306059

Return to Previous Page