Pat
J-GLOBAL ID:200903000782273197

浮遊ミスト捕捉機と、この浮遊ミスト捕捉機を利用した工場、建屋のオイルミスト捕捉方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 竹中 一宣 ,  大矢 広文
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007323876
Publication number (International publication number):2009142770
Application date: Dec. 14, 2007
Publication date: Jul. 02, 2009
Summary:
【課題】フィルターレスを意図する先行文献は、回転軸に複数の孔を備えた回転板を複数枚設け、この回転板の間に衝突板を配備して回転体を構成である。ケーシングの内面に、捕集マットを設ける。この捕集マットは、油分で湿潤され、交換が必要となる、またこの交換に伴って、廃棄処分の作業があり、手間と段取りが要求される。【構成】他方側に吸込口を備えたケーシングに、空中の浮遊ミストの吸込み用の羽根と、羽根の吸込側と吹出側に、浮遊ミストを処理する一方側及び/又は他方側の処理手段を設け、ケーシングの一方側に設けた貫通孔を備えた第1の支持板と、第1の支持板に設けた、羽根を駆動する駆動用のモータを設け、ケーシングの一方側の開口に、収れん吹出口を備えた筒体を設け、この筒体に、整流体を設ける構造である。【選択図】図1
Claim (excerpt):
他方側に吸込口を備えたケーシングに、空中の浮遊ミストの吸込み用の羽根と、この羽根の吸込側と吹出側に、浮遊ミストを処理する一方側及び/又は他方側の処理手段を設け、前記ケーシングの一方側に設けた貫通孔を備えた第1の支持板と、この第1の支持板に設けた、前記羽根を駆動する駆動用のモータを設けてなる浮遊ミスト捕捉機であって、 このケーシングの一方側の開口に、収れん吹出口を備えた筒体を設け、この筒体に、整流体を設ける構成とした浮遊ミスト捕捉機。
IPC (4):
B01D 45/08 ,  B01D 45/06 ,  B01D 46/10 ,  F24F 7/007
FI (4):
B01D45/08 Z ,  B01D45/06 ,  B01D46/10 E ,  F24F7/007 Z
F-Term (14):
4D031AB02 ,  4D031AB03 ,  4D031AB11 ,  4D031AB23 ,  4D031AB29 ,  4D031BA03 ,  4D031BA10 ,  4D031DA01 ,  4D031EA01 ,  4D058JA01 ,  4D058QA03 ,  4D058QA07 ,  4D058QA17 ,  4D058SA15
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (12)
Show all
Cited by examiner (11)
Show all

Return to Previous Page