Pat
J-GLOBAL ID:200903000825044464

白蟻検出方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 大貫 和保
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996179934
Publication number (International publication number):1998004850
Application date: Jun. 20, 1996
Publication date: Jan. 13, 1998
Summary:
【要約】【課題】 家屋の周囲において、家屋への白蟻の侵入を検出することを目的とする。【解決手段】 白蟻の侵入を検出して出力する検出部と、この検出部からの出力にて警報又は表示を発する警報表示部を備えた白蟻検出装置を製造する。そして、その白蟻検出装置を家屋の周囲に設置する。これによって家屋に侵入する白蟻を検出するものである。
Claim 1:
白蟻の侵入を検出して出力する検出部と、この検出部からの出力にて警報又は表示を発する警報表示部とを備えた白蟻検出装置を一個又は複数個を建造物の周囲に配置して白蟻を検出することを特徴とする白蟻検出方法。
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)

Return to Previous Page