Pat
J-GLOBAL ID:200903000916461831

新規レクチン及びその製造方法並びに糖鎖検出方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 中島 淳 ,  加藤 和詳 ,  西元 勝一 ,  福田 浩志
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2008052666
Publication number (International publication number):2009209071
Application date: Mar. 03, 2008
Publication date: Sep. 17, 2009
Summary:
【課題】糖脂質系糖鎖(Gb4)に対して高い特異性を示す新規レクチンを提供する。【解決手段】本発明のレクチンは、以下の特徴を有するカヤタケ属担子菌に由来するレクチンである。(1)SDS電気泳動法による分子量が、5,000〜40,000であり、(2)ゲル濾過法による分子量が5,000〜40,000であり、(3)グロボシド系糖鎖に結合する。【選択図】なし
Claim (excerpt):
以下の特徴を有するカヤタケ属担子菌に由来するレクチン: (1)SDS電気泳動法による分子量が、5,000〜40,000であり、 (2)ゲル濾過法による分子量が5,000〜40,000であり、 (3)グロボシド系糖鎖に結合する。
IPC (3):
C07K 14/375 ,  G01N 30/88 ,  G01N 33/53
FI (4):
C07K14/375 ,  G01N30/88 201R ,  G01N30/88 J ,  G01N33/53 S
F-Term (10):
4H045AA10 ,  4H045BA60 ,  4H045CA15 ,  4H045DA80 ,  4H045EA50 ,  4H045FA71 ,  4H045GA26 ,  4H045HA04 ,  4H045HA05 ,  4H045HA31
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Article cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page