Pat
J-GLOBAL ID:200903000939839106

ロッカユニットの施解錠装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 服部 毅巖
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995261416
Publication number (International publication number):1997100660
Application date: Oct. 09, 1995
Publication date: Apr. 15, 1997
Summary:
【要約】【課題】 ロッカへの取り付けが簡単であり、汎用性に富み、かつ機能の安定性が高い施解錠装置を構成する。【解決手段】 ロッカユニット10のロッカ11,12には、それぞれ施解錠ユニット20,30がケースの側面側に設けられている。鍵挿入口112には、ロッカユニット10全体のドアの解錠を行うための鍵K1が挿入される。鍵K1を回して施解錠ユニット20を解錠すると、上下動プレート22が上昇し、連結バー41と施解錠ユニット30の上下動プレート32が上昇する。これにより、全ての施解錠ユニットが同時に解錠される。
Claim (excerpt):
電気錠によって各ロッカのドアの施解錠を行うロッカユニットの施解錠装置において、前記各ロッカに設けられ、電気信号によって前記ドアを施解錠する電気錠と、上下方向に力を受けることにより前記電気錠を施解錠させる施解錠部材と、を有する施解錠機構部と、縦方向に並ぶロッカ内に上下方向にスライド可能に設けられ、各前記施解錠機構部の施解錠部材を連結する連結機構部と、前記縦方向に並ぶロッカの施解錠機構部のうちの少なくとも一つに設けられ、所定の鍵を挿入して回すことにより前記連結機構部を上下方向にスライドさせる手動施解錠機構部と、を有することを特徴とするロッカユニットの施解錠装置。

Return to Previous Page