Pat
J-GLOBAL ID:200903000961834894

タンパク質の抗原決定基予測システム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 伊東 忠彦
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995330873
Publication number (International publication number):1997171017
Application date: Dec. 19, 1995
Publication date: Jun. 30, 1997
Summary:
【要約】 (修正有)【課題】アミノ酸残基の一次配列から、より確実に抗原決定基を予測する。【解決手段】タンパク質を表すアミノ酸残基の一次配列情報を入力し、所定数のアミノ酸残基で構成されたペプチド毎に所定のアルゴリズムに従って抗原決定基としての適正を評価して、その評価データを出力する複数の個別評価ユニット13、各個別評価ユニット13からの各ペプチドに対応した評価データを所定のアルゴリズムに従って統合し、統合評価データを出力する統合評価ユニット12、少なくとも、得られた統合評価データを各ペプチドに対応付けて格納するメモリ50,60、及び格納された統合評価データに基づいて、又は複数のペプチドを抗原決定基の候補として選定する制御ユニット11を有し、選定されたペプチドを特定する情報を表示する。
Claim 1:
タンパク質を表すアミノ酸残基の一次配列情報を入力し、所定数のアミノ酸残基で構成されたペプチド毎に所定のアルゴリズムに従って抗原決定基としての適正を評価してその評価データを出力する複数の個別評価手段と、各個別評価手段からの各ペプチドに対応した評価データを所定のアルゴリズムに従って統合して統合評価データを出力する統合評価手段と、少なくとも統合評価手段にて得られた統合評価データを各ペプチドに対応付けて格納する評価データ格納手段と、評価データ格納手段に格納された統合評価データに基づいて一または複数のペプチドを抗原決定基の候補として選定する候補選定手段と、該候補選定手段にて選定されたペプチドを特定する情報を出力する出力手段とを有するタンパク質の抗原決定基予測システム。
IPC (2):
G01N 33/53 ,  A61K 39/00
FI (2):
G01N 33/53 Z ,  A61K 39/00 A

Return to Previous Page