Pat
J-GLOBAL ID:200903000997594415

硬性鏡光学系

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 韮澤 弘 (外7名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996229771
Publication number (International publication number):1998073762
Application date: Aug. 30, 1996
Publication date: Mar. 17, 1998
Summary:
【要約】【課題】 硬性鏡光学系全体として像面湾曲等の諸収差を良好に補正した硬性鏡光学系。【解決手段】 挿入部先端側から順に、対物光学系1、リレー光学系2からなる硬性鏡光学系において、Nをリレー光学系2のリレー回数として、対物光学系1が空気と接する負の屈折力の屈折面を(N+2)面以上有する。対物光学系、リレー光学系、接眼光学系からなる場合には、リレー光学系を除く観察光学系が空気と接する負の屈折力の屈折面を(N+4)面以上有する。対物光学系、リレー光学系、像反転光学系からなる場合には、対物光学系が空気と接する負の屈折力の屈折面を(N+2)面以上有する。
Claim (excerpt):
挿入部先端側から順に、少なくとも、対物光学系、リレー光学系からなる硬性鏡光学系において、Nを前記リレー光学系のリレー回数として、前記対物光学系が空気と接する負の屈折力の屈折面を(N+2)面以上有することを特徴とする硬性鏡光学系。
IPC (4):
G02B 13/04 ,  G02B 13/18 ,  G02B 23/26 ,  G02B 25/00
FI (4):
G02B 13/04 D ,  G02B 13/18 ,  G02B 23/26 C ,  G02B 25/00 A

Return to Previous Page