Pat
J-GLOBAL ID:200903001024806598

グラビア塗工方法、グラビア塗工機およびこれらに用いられるグラビアロール

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 中尾 俊輔 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999289367
Publication number (International publication number):2001104852
Application date: Oct. 12, 1999
Publication date: Apr. 17, 2001
Summary:
【要約】【課題】 金属製のグラビアロールに代えてセラミックス製のグラビアロールを用いることにより金属製のグラビアロールに起因する前記問題点を全部解消し、更に薄い基材に対しても、塗工剤を極めて良好に均一厚さでべた塗りすることのできるようにすること。【解決手段】 走行している連続体状の基材11の下方に、基材11の走行方向と軸方向を交直するようにして配置され、かつ、直径が約20mm〜約50mmのセラミックス材からなる外周面の全周にグラビアパターン17が形成されたグラビアロール13を、前記基材11と相対速度を有する周速度で回転させるとともに、このグラビアロール13の表面からドクタブレード25によって余剰塗工剤を塗工を施す前に拭取って、定量の塗工剤を前記基材11の上面が自由状態にある位置におけるその基材11の下面に塗工して、前記基材11に塗工剤をべた塗りすることを特徴とする。
Claim (excerpt):
走行している連続体状の基材の下方に、基材の走行方向と軸方向を交直するようにして配置され、かつ、直径が約20mm〜約50mmセラミックス材からなる外周面の全周にグラビアパターンが形成されたグラビアロールを、前記基材と相対速度を有する周速度で回転させるとともに、このグラビアロールの表面からドクタブレードによって余剰塗工剤を塗工を施す前に拭取って、定量の塗工剤を前記基材の上面が自由状態にある位置におけるその基材の下面に塗工して、前記基材に塗工剤をべた塗りすることを特徴とするグラビア塗工方法。
IPC (2):
B05C 1/08 ,  B05D 1/28
FI (2):
B05C 1/08 ,  B05D 1/28
F-Term (17):
4D075AC25 ,  4D075AC53 ,  4D075AC72 ,  4D075CA02 ,  4D075CA48 ,  4D075DA03 ,  4D075DB18 ,  4D075DB20 ,  4D075EA05 ,  4F040AA22 ,  4F040AB04 ,  4F040AC01 ,  4F040AC09 ,  4F040BA26 ,  4F040CB01 ,  4F040CB05 ,  4F040CB33
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (1)

Return to Previous Page