Pat
J-GLOBAL ID:200903001061666054

ローンモアの吊設機構

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 矢野 寿一郎
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994043704
Publication number (International publication number):1995250528
Application date: Mar. 15, 1994
Publication date: Oct. 03, 1995
Summary:
【要約】【目的】 ローンモアの側方にスロワーを固定すると、該スロワーの側の重量が重くなり、ローンモアのデッキが傾くのである。これにより、左右の刈り高さが異なったり、スロワーの重さが常時掛かる側の昇降リンクが速く損傷したりするという不具合があったのである。本発明は上記の不具合を解消する。【構成】 トラクタTの腹部にローンモアAを吊設する機構において、該ローンモアAを昇降する昇降シリンダSを刈芝の排出方向でスロワー7の配置された側に偏寄して配置し、該トラクタTの腹部よりローンモアAを吊設する昇降リンクをも、刈芝の排出方向でスロワー7の配置された側に偏寄させた。
Claim (excerpt):
トラクタTの腹部にローンモアAを吊設する機構において、該ローンモアAを昇降する昇降シリンダSを刈芝の排出方向でスロワー7の配置された側に偏寄して配置し、該トラクタTの腹部よりローンモアAを吊設する昇降リンク3L・3Rをも、刈芝の排出方向でスロワー7の配置された側に偏寄させたことを特徴とするローンモアの吊設機構。
IPC (2):
A01D 34/64 ,  A01D 34/70
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (1)
  • モーア
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-304483   Applicant:株式会社クボタ

Return to Previous Page