Pat
J-GLOBAL ID:200903001150503053

乳化組成物

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 山本 秀策 ,  安村 高明 ,  森下 夏樹
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006106789
Publication number (International publication number):2007277181
Application date: Apr. 07, 2006
Publication date: Oct. 25, 2007
Summary:
【課題】油性原料を多量に含有し、透明性が高く、高温での安定性にも優れた乳化組成物を提供することを、本発明の課題とする。【解決手段】油性成分および、レシチンおよび、特定の界面活性剤を配合する乳化組成物を高圧乳化法により乳化することで、透明性が高く、高温での安定性にも優れた乳化組成物を作成することによって上記課題が解決された。この乳化組成物を化粧用の乳液として使用した時の使用感は、油性成分を多く含有するにも関わらず、アッサリとした使用感であった。【選択図】なし
Claim (excerpt):
3〜30重量%の油性成分、0.1〜10重量%のレシチン、および、0.1〜10重量%のHLB値が13〜17である界面活性剤を含有する、高圧乳化法により乳化された乳化組成物。
IPC (9):
A61K 8/55 ,  A61K 8/06 ,  A61K 8/92 ,  A61K 8/34 ,  A61K 8/31 ,  A61K 8/86 ,  B01F 17/56 ,  B01F 17/52 ,  B01F 17/38
FI (9):
A61K8/55 ,  A61K8/06 ,  A61K8/92 ,  A61K8/34 ,  A61K8/31 ,  A61K8/86 ,  B01F17/56 ,  B01F17/52 ,  B01F17/38
F-Term (33):
4C083AB032 ,  4C083AC021 ,  4C083AC022 ,  4C083AC111 ,  4C083AC112 ,  4C083AC122 ,  4C083AC441 ,  4C083AC442 ,  4C083AD092 ,  4C083AD152 ,  4C083AD392 ,  4C083AD571 ,  4C083AD572 ,  4C083BB13 ,  4C083CC04 ,  4C083CC05 ,  4C083DD01 ,  4C083DD31 ,  4C083DD41 ,  4C083EE01 ,  4C083EE03 ,  4D077AA02 ,  4D077AA09 ,  4D077AB08 ,  4D077AB11 ,  4D077AB12 ,  4D077AC03 ,  4D077BA04 ,  4D077BA07 ,  4D077CA04 ,  4D077DC23Y ,  4D077DC24Y ,  4D077DD29Y
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 水中油型乳化組成物
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2004-026457   Applicant:花王株式会社
Cited by examiner (4)
  • 皮膚外用剤
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-026462   Applicant:有限会社野々川商事
  • 水中油型液状組成物
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2005-267660   Applicant:株式会社コーセー
  • O/W型エマルジョンの製造方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-273505   Applicant:ライオン株式会社
Show all

Return to Previous Page