Pat
J-GLOBAL ID:200903001188169378

クロスオーバ配線構造およびその電子回路装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 上柳 雅誉 ,  藤綱 英吉 ,  須澤 修
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004146428
Publication number (International publication number):2005327986
Application date: May. 17, 2004
Publication date: Nov. 24, 2005
Summary:
【課題】 電子部品が搭載されているか否かに関係なく、インクジェット法によって任意の配線間の電気的な接続をとることができるクロスオーバ配線構造およびその構造を利用した電子回路装置を提供する。【解決手段】 導電性液状材料11aをランド116bから2箇所の絶縁パターン115a,115bを含んで、ランド116cまで吐出して、導電パターン110(導電パターンが複数ある場合で、すべての導電パターンを指す場合は総称して導電パターン110という)を形成する。この導電パターン110によって、配線間としてのランド116bとランド116c間が電気的に接続される。【選択図】 図3
Claim (excerpt):
回路基板が有する導電するための配線と、 前記回路基板上に液滴吐出装置によって吐出形成されて、前記配線と絶縁的交差をする絶縁性パターンと、 前記絶縁性パターンの一部または全部の上に、前記液滴吐出装置によって吐出形成されて、前記配線間を電気的に接続する導電性パターンと を備えたことを特徴とするクロスオーバ配線構造。
IPC (2):
H05K1/11 ,  H05K3/10
FI (2):
H05K1/11 B ,  H05K3/10 D
F-Term (27):
5E317AA11 ,  5E317BB02 ,  5E317BB03 ,  5E317BB12 ,  5E317BB13 ,  5E317BB14 ,  5E317BB15 ,  5E317BB22 ,  5E317CC22 ,  5E317CD23 ,  5E317GG16 ,  5E343AA02 ,  5E343AA12 ,  5E343BB08 ,  5E343BB23 ,  5E343BB24 ,  5E343BB25 ,  5E343BB34 ,  5E343BB44 ,  5E343BB48 ,  5E343BB72 ,  5E343BB75 ,  5E343DD12 ,  5E343EE24 ,  5E343ER51 ,  5E343FF05 ,  5E343GG11
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 実公昭63-1382号公報
Cited by examiner (2)

Return to Previous Page