Pat
J-GLOBAL ID:200903001216997958

車両用排気構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 中島 淳 ,  加藤 和詳 ,  西元 勝一 ,  福田 浩志
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006005966
Publication number (International publication number):2007187089
Application date: Jan. 13, 2006
Publication date: Jul. 26, 2007
Summary:
【課題】簡単な構造で排気音を効果的に抑制することができる車両用排気構造を得る。【解決手段】車両用排気構造10は、内燃機関エンジン12の排気音を消音するための後方マフラ22と、一端側が後方マフラ22の排出管26に接続されると共に他端側が大気開放された後側パイプ24とを備える。排出管26及び後側パイプ24の排気流路長L1は、内燃機関エンジン12の最高回転数における基本成分周波数での排気脈動の波長λの半分である(L1=λ/2)。【選択図】図1
Claim (excerpt):
内燃機関エンジンの排気音を消音するための消音器と、 一端側が前記消音器に接続されると共に他端側が大気開放され、長さが前記内燃機関エンジンの最高回転数における基本成分周波数での排気脈動の波長の半分である大気開放用排気管と、 を備えた車両用排気構造。
IPC (1):
F01N 1/02
FI (3):
F01N1/02 E ,  F01N1/02 A ,  F01N1/02 Z
F-Term (5):
3G004AA01 ,  3G004BA01 ,  3G004CA01 ,  3G004CA04 ,  3G004DA01
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 特開昭59-226222号公報
  • 内燃機関の排気装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2002-293761   Applicant:トヨタ自動車株式会社, フタバ産業株式会社

Return to Previous Page