Pat
J-GLOBAL ID:200903001251036723

変調器およびプログラム可能なフィルタを提供する方法および装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 筒井 大和
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998316280
Publication number (International publication number):1999317778
Application date: Nov. 06, 1998
Publication date: Nov. 16, 1999
Summary:
【要約】【課題】 ディジタル変調器および前記変調器に使用されるプログラム可能な補間回路を構成する方法および装置を提供する。【解決手段】 一つの実施の形態では、変調器システム100は、ミキサ18が後に続くパルス整形および補間機能の両方を実行するプログラム可能な補間装置14,15を用いて構成され、ミキサ18の後には、固定補間レートで動作するバンドシフト補間装置22が設けられる。本発明のプログラム可能な補間装置14,15およびナイキストフィルタ10,11を用いることによって、多入力サンプリング周波数は、バンドシフト補間装置22をプログラム可能にさせる必要性によりサポートされ得る。さらに、パルス整形および補間動作は組合されて、一層効果的な全体変調器構造となる。
Claim (excerpt):
Fs1のサンプルレートをもつ入力信号にフィルタリングおよび補間動作を実行するため、クロックFs2で動作する有限インパルス応答フィルタを有するディジタル信号の処理回路であって、前記フィルタが、複数のタップウェイトを格納するメモリ装置と、前記メモリ装置に接続された複数N個の再使用可能なタップと、前記N個のタップに接続され、前記タップで発生した値を加算し、クロックFs2毎にフィルタ出力値を発生するアキュムレータと、各クロックFs2サイクルの間、前記メモリ装置に格納されたタップウェイトで前記N個のタップをロードする制御回路とを備えていることを特徴とするディジタル信号の処理回路。
IPC (2):
H04L 27/20 ,  H03H 17/00 601
FI (2):
H04L 27/20 A ,  H03H 17/00 601 Z
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page