Pat
J-GLOBAL ID:200903001275307035

車両制御装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 足立 勉
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994264152
Publication number (International publication number):1996119005
Application date: Oct. 27, 1994
Publication date: May. 14, 1996
Summary:
【要約】【目的】 例えば加速スリップ制御におけるエンジン制御とブレーキ制御との切り替え時の様に、制御状態を好適に変更して車両を制御できる車両制御装置を提供すること。【構成】 ステッフ ゚310では、エンジン制御の余裕度τE/Gが、第1移行モードに移行するための判定値τE/GSを上回るか否かを判定し、上回る場合は、ステッフ ゚330にて、余裕度τE/Gを変更するためのエンジン制御を実行する。テッフ ゚340では、エンジン制御量を余裕度τE/Gに応じて減少側に補正し徐々にエンジン制御の度合を低減する。ステッフ ゚350では、エンジン制御の度合の低減に応じてブレーキ制御量を増加側に補正しブレーキ制御の度合を増加する。一方、ステッフ ゚360では、余裕度E/Gが第1移行モードを終了するための判定値τE/GEを上回るか否かを判定し、上回る場合は、ステッフ ゚380にて、ブレーキモードによる処理に移行する。
Claim (excerpt):
車両を制御する制御手段と、該制御手段の制御禁止に至るまでの余裕度を検出する余裕度検出手段と、該余裕度検出手段によって検出された余裕度に応じて、前記制御手段の制御を抑制する制御抑制手段と、を備えたことを特徴とする車両制御装置。
IPC (3):
B60K 41/20 ,  B60T 8/58 ,  F02D 29/02 311
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (6)
Show all

Return to Previous Page