Pat
J-GLOBAL ID:200903001354409471

密封構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 野本 陽一
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007165185
Publication number (International publication number):2009002459
Application date: Jun. 22, 2007
Publication date: Jan. 08, 2009
Summary:
【課題】蟻溝12に装着されたシールリング3により密封を行う密封構造において、蟻溝12からのシールリング3の脱落を防止し、しかも蟻溝12へのシールリング3の装着が容易で、パーティクルが発生しにくく、更にはシールリング3の捩れや誤装着が防止することができ、大きな圧縮荷重を必要としない密封構造を提供する。【解決手段】蟻溝12にゴム状弾性材料からなるシールリング3が装着され、このシールリング3は、溝底12cに密接される凸面状の底部3aと、その両側に形成され蟻溝12の内側勾配面12d,12eに密接される側面張出部3b,3cと、両側の側面張出部3b,3cにおける前記底部3aと反対側の端部間から山形に突出形成されて、嶺部31とその両側の斜面32,33からなり前記蟻溝12の外側へ露出される頭部3dとを有し、この頭部3dの幅w3が、溝肩12a,12b間の幅w1より小さく、前記側面張出部3b,3cの頂点間の幅w4が、前記幅w1より大きい。【選択図】図4
Claim (excerpt):
内側へ倒れるように傾斜した内側勾配面を有する蟻溝に、ゴム状弾性材料からなるシールリングが装着され、このシールリングは、前記蟻溝の溝底に密接される凸面状の底部と、その両側に形成され前記内側勾配面に密接又は近接される側面張出部と、両側の側面張出部における前記底部と反対側の端部間から山形に突出形成されて、嶺部とその両側の斜面からなり前記蟻溝の外側へ露出される頭部とを有し、この頭部における前記山形の裾部の幅が前記蟻溝の溝肩間の幅より小さく、前記側面張出部の頂点間の幅が、前記溝肩間の幅より大きいことを特徴とする密封構造。
IPC (1):
F16J 15/10
FI (1):
F16J15/10 T
F-Term (7):
3J040AA17 ,  3J040BA01 ,  3J040EA01 ,  3J040EA16 ,  3J040HA03 ,  3J040HA05 ,  3J040HA09
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 蟻溝用シールリング
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2002-344873   Applicant:NOK株式会社
  • 蟻溝用シール材
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-202488   Applicant:日本バルカー工業株式会社

Return to Previous Page