Pat
J-GLOBAL ID:200903001371164660

包装体、包装体から包装フィルムを除去する方法、及び包装装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 福岡 正明
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000339958
Publication number (International publication number):2002145318
Application date: Nov. 08, 2000
Publication date: May. 22, 2002
Summary:
【要約】【課題】 ストレッチフィルムでトップシールした包装体から該フィルムを衛生的且つ容易に除去することを課題とする。【解決手段】 一般に商品に貼付するラベル4を利用してフィルムFを除去する。接着力の強い領域4aと弱い領域4bとを有するラベル4をフィルムF上に貼付する。開封時には、弱接着域4bを最初にフィルムFから剥がし、弱接着域4bを持ってラベル4をフィルムFから引き剥がす動作をする。フィルムFをラベル4で引っ張って破り、容易に除去することができる。フィルムFがトレイ2内に垂れて内容物に接触することがなく衛生的である。
Claim (excerpt):
容器の開口がフィルムで塞がれ、該フィルムが開口の縁部に接合されている包装体であって、上記フィルムに接着力の強い領域と弱い領域とを有するラベルが貼付され、少なくとも強接着域の一部が容器の開口部に位置していることを特徴とする包装体。
IPC (3):
B65D 75/58 ,  B65B 51/10 ,  B65B 61/18
FI (3):
B65D 75/58 ,  B65B 51/10 V ,  B65B 61/18
F-Term (22):
3E056AA02 ,  3E056CA11 ,  3E056DA05 ,  3E056EA07 ,  3E056FD01 ,  3E056GA03 ,  3E067AA11 ,  3E067AB02 ,  3E067AB04 ,  3E067BA10A ,  3E067BA18A ,  3E067CA02 ,  3E067EB01 ,  3E067EB11 ,  3E067EE59 ,  3E094AA04 ,  3E094CA10 ,  3E094DA01 ,  3E094GA11 ,  3E094HA08 ,  3E094HA10 ,  3E094HA13
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (3)

Return to Previous Page