Pat
J-GLOBAL ID:200903001389149669

連続式遠心脱泡機

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994233982
Publication number (International publication number):1996057206
Application date: Aug. 22, 1994
Publication date: Mar. 05, 1996
Summary:
【要約】【目的】主に化学、化粧品、食品等の製造過程において、製品の液中に混入した泡を、大気圧条件下で連続的に除去するための脱泡機を提供するものである【構成】円筒形ロータ(1)の回転中心部に、中空軸(2)(3)を配置し、中空軸(3)には円形バッフルプレート(4)をとりつけ、中空軸(2)は軸受(7)により原料液ケーシング(11)に支持されており、中空軸(3)は軸受(8)により泡液ケーシング(12)に支持されている。中空軸(2)には原料液供給穴(9)を設け、又中空軸(3)には泡液回収穴(10)を設けてある。ロータ(1)の一方は中空軸(2)に設けた円板(13)に固定され、他方は脱泡液ケーシング(14)に支持されている。駆動プーリ(15)は側板(18)にとりつけてある。
Claim (excerpt):
ロータ(1)内の回転中心部に、中空軸(2)(3)を配置し、中空軸(2)には原料液供給穴(9)を設け、又中空軸(3)には泡液回収穴(10)を設けると共にバッフルプレート(4)をとりつけ、ロータ(1)中空軸(2)(3)を完全密閉回路で回転できる構造とした連続式遠心脱泡機。
IPC (2):
B01D 19/00 102 ,  C02F 1/20

Return to Previous Page