Pat
J-GLOBAL ID:200903001398079886

有機感光体、画像形成方法および画像形成装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2008122093
Publication number (International publication number):2009271341
Application date: May. 08, 2008
Publication date: Nov. 19, 2009
Summary:
【課題】発振波長が350〜500nmの半導体レーザ又は発光ダイオードの像露光を用いて有機感光体上に高密度の静電潜像を形成する画像形成方に適し、感度が高く耐久性に優れ、画像再現性、画像再現安定性に優れる有機感光体、それを用いた画像形成方法および画像形成装置を提供する。【解決手段】導電性支持体上に、電荷輸送物質を含有する感光層を有する有機感光体において、感光層が該電荷輸送物質として、特定のトリアリールアミン構造の化合物であって、AM-1パラメーターを使用した半経験的分子軌道計算を用いた構造最適化計算による、特定の4部位を有するビフェニル部分の2面角の計算値Dihedが、45°≦Dihed≦80°である化合物を含有する。【選択図】なし
Claim (excerpt):
導電性支持体上に、電荷輸送物質を含有する感光層を有する有機感光体において、該感光層が該電荷輸送物質として、下記一般式(1)で表される化合物であって、AM-1パラメーターを使用した半経験的分子軌道計算を用いた構造最適化計算による、下記一般式(1)におけるA、B、C、Dを有するビフェニル部分の2面角の計算値Dihedが、45°≦Dihed≦80°である化合物を含有することを特徴とする有機感光体。
IPC (1):
G03G 5/06
FI (3):
G03G5/06 312 ,  G03G5/06 377 ,  G03G5/06 380
F-Term (10):
2H068AA19 ,  2H068AA20 ,  2H068AA33 ,  2H068BA12 ,  2H068BA36 ,  2H068BA37 ,  2H068FA01 ,  2H068FB07 ,  2H068FB08 ,  2H068FC05
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (9)
Show all
Cited by examiner (5)
Show all

Return to Previous Page