Pat
J-GLOBAL ID:200903001410660611

音声認証装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 谷 義一
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004177439
Publication number (International publication number):2006003452
Application date: Jun. 15, 2004
Publication date: Jan. 05, 2006
Summary:
【課題】 より認証性能を高める。【解決手段】 第1の音響分析部102からの特徴パラメータを使用し、正規化用話者HMM音響モデル作成部114において、所定のアルゴリズムに従って、HMM音響モデルの学習が行われ、2次元空間写像部115により、2次元音響空間に写像され、ゾーン分割部116によりゾーン分割される。そして、正規化用ゾーンHMM音響モデル作成部117により、各ゾーンについて、そのゾーンに属する正規化用話者の特徴パラメータが正規化用話者特徴パラメータ記憶部113から読み出され、所定のアルゴリズムに従って、HMM音響モデルの作成が行われ、正規化用HMM音響モデル記憶部104に記憶される。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
少なくとも 認証対象である話者を識別するための個人情報を入力するための個人情報入力部と、 前記認証対象である話者の音声を入力するための認証用音声データ入力部と、 該認証用音声データ入力部からの音声波形を一定時間間隔で分析して短時間の音響的特徴を表す特徴パラメータに変換する音響分析部と、 予め登録された話者のHMM(Hidden Markov Model)音響モデルが記憶されている登録話者HMM音響モデル記憶部と、 該登録話者HMM音響モデル記憶部からのHMM音響モデルと、前記個人情報入力部からの認証対象である話者の個人情報と、 前記音響分析部からの特徴パラメータとから、登録話者尤度を計算する登録話者尤度計算部と、 予め正規化用話者音声を分析して正規化用HMM音響モデルを作成する正規化用HMM音響モデル作成部と、 該正規化用HMM音響モデル作成部で作成された正規化用HMM音響モデルを記憶する正規化用HMM音響モデル記憶部と、 該正規化用HMM音響モデル記憶部からのHMM音響モデルと、 前記音響分析部からの特徴パラメータとから、正規化用尤度を計算する正規化用尤度計算部と、 前記登録話者尤度計算部で計算された登録話者尤度を、前記正規化用尤度計算部で計算された正規化用尤度で正規化する尤度正規化部と、 該尤度正規化部で計算された正規化尤度と予め与えられた閾値とを比較することにより、登録した本人かどうか判定を行う判定部と、 を備える音声認証装置において、 前記正規化用HMM音響モデルが2次元空間上で分割された複数のゾーン毎の正規化用HMM音響モデルであることを特徴とする音声認証装置。
IPC (3):
G10L 17/00 ,  G10L 15/14 ,  G10L 15/10
FI (4):
G10L3/00 545D ,  G10L3/00 535Z ,  G10L3/00 531E ,  G10L3/00 531G
F-Term (2):
5D015AA03 ,  5D015HH00
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2) Cited by examiner (4)
Show all
Article cited by the Patent:
Return to Previous Page