Pat
J-GLOBAL ID:200903001414119451

半導体装置及びその製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 綿貫 隆夫 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999290533
Publication number (International publication number):2001110937
Application date: Oct. 13, 1999
Publication date: Apr. 20, 2001
Summary:
【要約】【目的】 半導体チップと基板との電気的接続信頼性が高く、製造工程における基板の取り扱い性を向上させた半導体装置を提供する。【構成】 半導体チップ2の電極端子部3に対応する部位に配線窓4が形成された基板11に、一方の面側に導体層6に接合した接続端子7が形成されており、他方の面側にエラストマー層9を介して半導体チップ2搭載され、導体層6と電極端子部3とが配線窓4を介してワイヤ10により接続されている。
Claim (excerpt):
半導体チップの電極端子部に対応する部位に配線窓が形成された基板に、一方の面側に導体層に接合した接続端子が形成されており、他方の面側に接着剤層を介して前記半導体チップが搭載され、前記導体層と前記電極端子部とが前記配線窓を介してワイヤにより電気的に接続されてなることを特徴とする半導体装置。
IPC (2):
H01L 23/12 ,  H01L 21/60 301
FI (2):
H01L 21/60 301 A ,  H01L 23/12 W
F-Term (3):
5F044AA02 ,  5F044AA05 ,  5F044RR08

Return to Previous Page