Pat
J-GLOBAL ID:200903001444014026

プラスチックレンズの製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 上柳 雅誉 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000314268
Publication number (International publication number):2002120233
Application date: Oct. 13, 2000
Publication date: Apr. 23, 2002
Summary:
【要約】【課題】活性エネルギー線を照射してプラスチックレンズを製造する方法において、プラスチックレンズ用組成物を構成する各重合性単量体の光硬化性が異なる場合、照射エネルギーや温度の管理では、成形用型内での不均一反応を助長させ、延いては、成形用型と樹脂組成物に剥がれが発生し、成形物の面精度を低下させる問題があった。【解決手段】活性エネルギー線を照射してプラスチックレンズを製造する方法において、プラスチックレンズ用組成物を構成する各重合性単量体の光硬化性が異なる場合でも、前記活性エネルギー線照射時の条件として、雰囲気温度40〜100°C、照度30〜100mW/cm2に制御することにより、面精度が高く、光学特性に優れたプラスチックレンズを高歩留まりで製造できる。
Claim (excerpt):
2種以上の重合性単量体から構成されるプラスチックレンズ用組成物をプラスチックレンズ成形用型に注入した後、活性エネルギー線を照射してプラスチックレンズを製造する方法において、前記活性エネルギー線照射時の条件が、40〜100°Cの雰囲気温度下で照度30〜100mW/cm2であることを特徴とするプラスチックレンズの製造方法。
IPC (5):
B29C 39/02 ,  B29C 39/22 ,  G02B 1/04 ,  G02B 3/00 ,  B29L 11:00
FI (5):
B29C 39/02 ,  B29C 39/22 ,  G02B 1/04 ,  G02B 3/00 Z ,  B29L 11:00
F-Term (8):
4F204AH74 ,  4F204AK03 ,  4F204EA03 ,  4F204EB01 ,  4F204EF27 ,  4F204EK17 ,  4F204EK18 ,  4F204EW34

Return to Previous Page