Pat
J-GLOBAL ID:200903001451482019

韻律修正装置、韻律修正方法、および、韻律修正プログラム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 特許業務法人池内・佐藤アンドパートナーズ
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007073082
Publication number (International publication number):2008233542
Application date: Mar. 20, 2007
Publication date: Oct. 02, 2008
Summary:
【課題】人間の発声から抽出された肉声韻律情報の抽出誤りを、人間の肉声が有する自然性・表現力を損なうことなく、しかも、手間と時間をかけずに修正することができる韻律修正装置、韻律修正方法、および、韻律修正プログラムを提供する。【解決手段】人間の発声から抽出された肉声韻律情報を受け付ける肉声韻律入力部31と、肉声韻律情報中で修正対象となる音素または音素列を少なくとも含む区間に対して、人間の発声における規則的または統計的な音素長を表すデータを用いることにより、音素間の境界および音素の規則音素長を定める規則音素境界を持つ規則韻律情報を生成する規則韻律生成部34と、生成した規則韻律情報を用いて、肉声韻律情報中の修正対象となる音素または音素列の肉声音素境界および肉声音素長が、実際の人間の発声の音素境界および音素長に近づくように、肉声音素境界を再設定し、肉声韻律情報を修正する肉声韻律修正部35とを備える。【選択図】図1
Claim (excerpt):
人間の発声から抽出された肉声韻律情報を受け付ける肉声韻律入力部と、 前記肉声韻律情報中で修正対象となる音素または音素列を少なくとも含む区間に対して、人間の発声における規則的または統計的な音素長を表すデータを用いることにより、音素間の境界および音素の規則音素長を定める規則音素境界を持つ規則韻律情報を生成する規則韻律生成部と、 前記規則韻律生成部が生成した規則韻律情報を用いて、前記肉声韻律情報中の修正対象となる音素または音素列の肉声音素境界および肉声音素長が、実際の前記人間の発声の音素境界および音素長に近づくように、前記肉声韻律情報中の修正対象となる音素または音素列の肉声音素境界を再設定し、前記肉声韻律情報を修正する肉声韻律修正部とを備える、韻律修正装置。
IPC (3):
G10L 13/08 ,  G10L 11/00 ,  G10L 11/04
FI (3):
G10L13/08 131Z ,  G10L11/00 101Z ,  G10L11/04
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (8)
Show all
Cited by examiner (1)
Article cited by the Patent:
Return to Previous Page