Pat
J-GLOBAL ID:200903001454986255

炊飯器の外蓋装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 小鍜治 明 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991296923
Publication number (International publication number):1993130933
Application date: Nov. 13, 1991
Publication date: May. 28, 1993
Summary:
【要約】【目的】 内蓋と外蓋よりなる二重構造の蓋を備えた炊飯器に関し、開蓋時、上枠への露の滴下を防止することを目的とする。【構成】 米と水とを収納する内鍋2と、この内鍋2の開口部に載置されて内鍋2の開口部を覆う内蓋10と、この内蓋10を覆う下面部材8および上面部材6からなる外蓋ユニットと、前記内鍋2の開口部と下面部材外周部間をシールする略スカート状のシール部材9と、前記外蓋ユニットの一端部を回動自在に軸支するヒンジ部4と、このヒンジ部4と反対側の端部に前記外蓋ユニットの一端面を係脱自在に保持するフック部7を有する中間部材3とを備え、前記下面部材8の略中央部には前記内蓋2を着脱自在に保持するホルダー軸部11を有し、このホルダー軸部11に対応する前記内蓋略中央部に柔軟性材料よりなるホルダー部材12を設け、かつ、このホルダー部材12に当接する前記下面部材8は前記外蓋ユニット開蓋時に前記フック部7からヒンジ部4にかけて上り勾配をもつ傾斜面を有する炊飯器の外蓋装置の構成とする。
Claim (excerpt):
米と水とを収納する内鍋と、この内鍋の開口部に載置されて内鍋の開口部を覆う内蓋と、この内蓋を覆う下面部材および上面部材からなる外蓋ユニットと、前記内鍋の開口部と下面部材外周部間をシールする略スカート状のシール部材と、前記外蓋ユニットの一端部を回動自在に軸支するヒンジ部と、このヒンジ部と反対側の端部に前記外蓋ユニットの一端面を係脱自在に保持するフック部を有する中間部材とを備え、前記下面部材の略中央部には前記内蓋を着脱自在に保持するホルダー軸部を有し、このホルダー軸部に対応する前記内蓋略中央部に柔軟性材料よりなるホルダー部材を設け、かつ、このホルダー部材に当接する前記下面部材は前記外蓋ユニット開蓋時前記フック部からヒンジ部にかけて上り勾配をもつ傾斜面を有する炊飯器の外蓋装置。

Return to Previous Page