Pat
J-GLOBAL ID:200903001458523322

FIFOメモリのデータ転送制御装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 藤本 英介
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001223177
Publication number (International publication number):2003036145
Application date: Jul. 24, 2001
Publication date: Feb. 07, 2003
Summary:
【要約】【課題】 同一データが連続して転送される場合において、消費電力の低減とデータ転送の高速化を図る。【解決手段】 エリアAの容量分データが書き込まれると、エリア内データ一致検出部7では、エリアAに書き込まれたデータがすべて同じかどうか判定する。エリアAに書き込まれたデータがすべて同じであると検出された場合は、エリア内データ一致検出部7はエリアレジスタ9のエリアAに対応したビットに「1」をセットし、そうでない場合は「0」をセットする。対象エリア6のデータがすべて同じである場合、FIFOメモリ5は、同一データを有するエリア6の先頭アドレスから1ワードを1回だけ出力し、ATA/ATAPIデータレジスタ2にセットする。そして読み出し側クロックの供給を停止する。
Claim (excerpt):
データをFIFOメモリの複数のエリアに順に格納し、ホストコンピュータからの要求に従い格納されたデータを読み出し、レジスタにセットし、このレジスタを介してホストコンピュータへのデータ転送を行うFIFOメモリのデータ転送制御装置において、FIFOメモリに格納するために転送されたデータが手前のデータと同一かを検出し、さらに一つのエリアに同一データが格納されたかを検出するデータ一致検出手段と、エリア内のデータがすべて同一であると検出された場合、該エリアからレジスタへのデータの出力は1ワード分のみ行い、残りのエリア内のデータ出力動作を停止し、そうでない場合、ホストコンピュータの読み出し要求に従い、エリア内のデータを連続して出力する読み出し制御手段とを備えたことを特徴とするFIFOメモリのデータ転送制御装置。
IPC (2):
G06F 3/06 301 ,  G06F 13/38 310
FI (2):
G06F 3/06 301 S ,  G06F 13/38 310 B
F-Term (4):
5B065BA01 ,  5B065CE11 ,  5B065CH01 ,  5B077AA15
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • データ記録装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-323437   Applicant:富士通株式会社, 富士通ヴィエルエスアイ株式会社
  • CD-ROMドライブを用いた情報記憶装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-124121   Applicant:三洋電機株式会社

Return to Previous Page