Pat
J-GLOBAL ID:200903001467617461

収穫機の照明構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 北村 修一郎
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007080003
Publication number (International publication number):2008237061
Application date: Mar. 26, 2007
Publication date: Oct. 09, 2008
Summary:
【課題】 夜間作業における倒伏穀稈などに起因した作業効率の低下を抑制できるようにして、夜間作業での作業効率の向上を図れるようにする。【解決手段】 機体の前部に、機体の走行に伴って作物を収穫する収穫部5と、機体の前方を照明する照明装置25とを配備した収穫機の照明構造において、照明装置25が、光源体31からの光を交差させるクロスライティングを行うように構成し、クロスライティングでの光の交点pを、収穫部5の前端に備えたデバイダ11の近傍に設定してある。【選択図】 図3
Claim (excerpt):
機体の前部に、機体の走行に伴って作物を収穫する収穫部と、機体の前方を照明する照明装置とを配備した収穫機の照明構造であって、 前記照明装置が、光源体からの光を交差させるクロスライティングを行うように構成し、 前記クロスライティングでの前記光の交点を、前記収穫部の前端に備えたデバイダの近傍に設定してあることを特徴とする収穫機の照明構造。
IPC (3):
A01D 41/12 ,  A01D 75/00 ,  A01D 57/22
FI (3):
A01D41/12 Z ,  A01D75/00 A ,  A01D57/22 Z
F-Term (15):
2B074AB01 ,  2B074AC02 ,  2B074AG01 ,  2B074BA10 ,  2B074DC02 ,  2B074DC05 ,  2B074DE03 ,  2B074GJ05 ,  2B081AA01 ,  2B081BB05 ,  2B081DD53 ,  2B085AA02 ,  2B085AC02 ,  2B085AC62 ,  2B085BA29
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • 収穫機
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2004-241246   Applicant:株式会社クボタ
  • 収穫機の照明構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2005-183565   Applicant:株式会社クボタ
  • 収穫機の照明構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2005-183568   Applicant:株式会社クボタ

Return to Previous Page