Pat
J-GLOBAL ID:200903001485320972

容器の加工装置および加工方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 石川 泰男
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002112103
Publication number (International publication number):2002355906
Application date: Dec. 28, 1998
Publication date: Dec. 10, 2002
Summary:
【要約】【課題】 比較的小さな力で容器のカール部を蓋材の接着に適した形状に加工する。【解決手段】 カップ本体2の端縁に設けられたカール部2cの一部に対して接触可能なプレスローラ341と、カール部2cを挟んでプレスローラ341と対向するように設けられたカール受け部材としてのホイール106と、プレスローラ341とホイール106との間でカール部2cが挟み込まれるようにプレスローラ341をカール部2cに向かって駆動するエアーシリンダ340と、プレスローラ341とホイール106とによってカール部2cが挟まれる位置がカップ1の周方向に変化するように、カップ1を回転駆動する回転駆動機構とを容器の加工装置に設け、カール部2cをその周方向に沿って徐々に加工する。
Claim 1:
開口端に外向きのカール部が設けられた容器を、その内側から上下に反転させた状態で保持する容器保持具と、前記カール部の一部に対して接触可能なプレス部材と、前記カール部を挟んで前記プレス部材と対向するように設けられたカール受け部材と、前記プレス部材と前記カール受け部材との間で前記カール部が挟み込まれるように前記プレス部材または前記カール受け部材を前記カール部に向かって駆動するプレス駆動手段と、前記プレス部材と前記カール受け部材とによって前記カール部が挟まれる位置が前記容器の周方向に変化するように、前記プレス部材または前記容器を回転駆動する回転駆動手段と、を具備することを特徴とする容器の加工装置。
IPC (4):
B31B 49/00 ,  B65D 3/22 ,  B65D 3/30 ,  B65D 81/38
FI (5):
B31B 49/00 H ,  B65D 3/22 C ,  B65D 3/22 D ,  B65D 3/30 A ,  B65D 81/38 E
F-Term (27):
3E067AB01 ,  3E067AB26 ,  3E067BA07A ,  3E067BB01A ,  3E067BC07A ,  3E067CA18 ,  3E067CA24 ,  3E067EA06 ,  3E067EB27 ,  3E067ED03 ,  3E067FA04 ,  3E067GA12 ,  3E075AA07 ,  3E075BA33 ,  3E075BA38 ,  3E075BB02 ,  3E075CA01 ,  3E075DA32 ,  3E075DC62 ,  3E075DD08 ,  3E075DD30 ,  3E075DD32 ,  3E075DD43 ,  3E075FA06 ,  3E075FA07 ,  3E075FA18 ,  3E075GA04
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (15)
  • 特開昭58-151236
  • 容器の加工装置および加工方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平10-374532   Applicant:大日本印刷株式会社
  • 特開昭58-151236
Show all

Return to Previous Page