Pat
J-GLOBAL ID:200903001492034411

予混合圧縮自着火機関

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 高橋 敏忠 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999237854
Publication number (International publication number):2001065350
Application date: Aug. 25, 1999
Publication date: Mar. 13, 2001
Summary:
【要約】【課題】 予混合圧縮自着火機関において、シリンダ壁等の低温部分の近傍領域に生じる燃料ガスが完全燃焼せずに未燃焼ガスおよび中間生成物として排気ガスと共に排出されるのを抑制する手段を提供する。【解決手段】 上死点におけるピストン(3)頂面とシリンダヘッド(2)下面との間を可及的に小さな間隙(s)とし、かつピストン(3)頂面に深皿型の燃焼室(4)を設けて混合気のシリンダ(1)壁面との接触面積を可及的に小さく構成する。
Claim (excerpt):
上死点におけるピストン頂面とシリンダヘッド下面との間を可及的に小さな間隙に設定し、かつピストン頂面には深皿型の燃焼室を設けて、シリンダ壁面と接触して温度が低下した混合気の体積を可及的に小さく構成したことを特徴とする予混合圧縮自着火機関。
IPC (4):
F02B 1/12 ,  F02B 23/02 ,  F02B 23/06 ,  F02F 3/26
FI (4):
F02B 1/12 ,  F02B 23/02 L ,  F02B 23/06 L ,  F02F 3/26 C
F-Term (7):
3G023AA04 ,  3G023AA06 ,  3G023AB05 ,  3G023AC05 ,  3G023AC07 ,  3G023AD02 ,  3G023AD06
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (10)
  • 直接噴射式ディーゼルエンジン
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平5-215613   Applicant:三菱自動車工業株式会社
  • 複式燃料ディーゼルエンジン
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平5-184378   Applicant:日本エコス株式会社
  • 圧縮着火式ガソリン機関
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平6-150487   Applicant:株式会社豊田中央研究所, トヨタ自動車株式会社
Show all

Return to Previous Page