Pat
J-GLOBAL ID:200903001511084190

アンモニアガス捕捉複合粉体、その製造方法、及びアルカリ電池

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002314106
Publication number (International publication number):2004148159
Application date: Oct. 29, 2002
Publication date: May. 27, 2004
Summary:
【課題】安価に効率よく製造でき、しかも十分にアンモニアガスを捕捉できるアンモニアガス捕捉複合粉体、その製造方法、及びこれを用いたアルカリ電池を提供すること。【解決手段】本発明のアンモニアガス捕捉複合粉体は、アンモニアガスを捕捉可能な固体捕捉粉体に、圧縮力及び剪断力(場合により熱も)により、微細粉体が結合、又は樹脂皮膜を形成したものであり、アンモニアガスが前記固体捕捉粉体に到達可能、かつ液体は前記固体捕捉粉体に到達不可能な状態にある。このアンモニアガス捕捉複合粉体は、アンモニアガスを捕捉可能な固体捕捉粉体と微細粉体とに対し、圧縮力及び剪断力(場合により熱も)を作用させることにより、固体捕捉粉体に微細粉体を結合(場合により樹脂皮膜を形成)させて製造できる。本発明のアルカリ電池は前記アンモニアガス捕捉複合粉体を内蔵している。【選択図】 図4
Claim (excerpt):
アンモニアガスを捕捉可能な固体捕捉粉体に、圧縮力及び剪断力により、前記固体捕捉粉体よりも粒径の小さい微細粉体が結合したアンモニアガス捕捉複合粉体であり、このアンモニアガス捕捉複合粉体はアンモニアガスが前記固体捕捉粉体に到達可能、かつ液体は前記固体捕捉粉体に到達不可能な状態にあることを特徴とする、アンモニアガス捕捉複合粉体。
IPC (5):
B01J20/26 ,  B01J20/28 ,  B01J20/30 ,  H01M10/28 ,  H01M10/52
FI (5):
B01J20/26 C ,  B01J20/28 Z ,  B01J20/30 ,  H01M10/28 Z ,  H01M10/52
F-Term (29):
4G066AC13D ,  4G066AC14D ,  4G066AC16D ,  4G066AE01B ,  4G066BA05 ,  4G066BA09 ,  4G066BA36 ,  4G066BA38 ,  4G066CA29 ,  4G066DA10 ,  4G066EA20 ,  4G066FA02 ,  5H028AA01 ,  5H028AA06 ,  5H028BB04 ,  5H028BB06 ,  5H028CC04 ,  5H028EE04 ,  5H028EE06 ,  5H028EE09 ,  5H028EE10 ,  5H028FF05 ,  5H028HH09 ,  5H031AA02 ,  5H031BB03 ,  5H031EE03 ,  5H031EE04 ,  5H031EE08 ,  5H031MM17
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (6)
  • 特開平4-267983
  • 特開昭63-042728
  • 特開平4-328275
Show all

Return to Previous Page