Pat
J-GLOBAL ID:200903001553104442

軟弱地盤におけるグラウンドアンカーの施工方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 山口 朔生 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995353025
Publication number (International publication number):1997184137
Application date: Dec. 28, 1995
Publication date: Jul. 15, 1997
Summary:
【要約】【課題】これまでは定着層として利用できなかった、ゆるい砂層や、粘性土層、などにおいて施工することができる、軟弱地盤におけるグラウンドアンカーの施工方法を提供することを目的とする。【解決手段】次の2段階の工程によって施工を行うグラウンドアンカーの施工方法である。?@アンカーの施工に使用するケーシングを利用して、施工範囲の地盤を局部的に地盤改良する。?A地盤改良した地盤へ、ケーシングを利用してグラウンドアンカーを施工する。
Claim (excerpt):
地盤改良の工程で、ケーシングを使用し、このケーシングによって周囲の土砂の崩壊を防止した状態で、ケーシングの回転によって削孔を行い、削孔が完了したら、ケーシングを、地盤改良区間だけを引き抜き、その後に、ケーシングの内部に先端に高圧噴射構造を装備した噴射ロッドを挿入して、噴射ロッドの最深部の先端から硬化材を高圧で噴射させながら、ロッドを回転させて徐々に引き上げ、地盤改良区間に硬化材を注入し、地盤改良範囲の硬化後に、アンカー材を挿入して定着して行う、軟弱地盤におけるグラウンドアンカーの施工方法
IPC (2):
E02D 5/80 ,  E02D 3/12 102
FI (2):
E02D 5/80 Z ,  E02D 3/12 102

Return to Previous Page