Pat
J-GLOBAL ID:200903001557733959

寿命タイマーを備える注射装置又は注入装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (6): 社本 一夫 ,  小野 新次郎 ,  小林 泰 ,  千葉 昭男 ,  富田 博行 ,  今井 庄亮
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006000048
Publication number (International publication number):2006187628
Application date: Jan. 04, 2006
Publication date: Jul. 20, 2006
Summary:
【課題】所望の量の製剤が常に投与されるように信頼性を向上させた注射装置又は注入装置を提供する。【解決手段】寿命タイマーを備える注射装置又は注入装置であって、 a)投与すべき製剤用の容器に対するリザーバを備えるケーシング4と、 b)製剤用の輸送部材15と、 c)製剤を反復的に投与するとき必然的に反復される装置の状態の変化を記録し且つ、加算する加算器50と、 d)加算器50に接続され且つ、加算結果に従ってセンサにより認識可能である信号を出力する出力手段16、56;28、56とを備える、注射装置又は注入装置である。【選択図】 図25
Claim (excerpt):
寿命タイマーを備える注射装置又は注入装置において、 a)投与すべき製剤用の容器(2)に対するリザーバを備えるケーシング(4)と、 b)製剤用の輸送部材(15)と、 c)製剤を反復的に投与するとき必然的に反復される装置の状態の変化を記録し且つ、加算する加算器(50)と、 d)加算器(50)に接続され且つ、加算結果に従ってセンサにより認識可能である信号を出力する出力手段(16、56;28、56)とを備える、注射装置又は注入装置。
IPC (1):
A61M 5/31
FI (1):
A61M5/31
F-Term (11):
4C066AA07 ,  4C066BB01 ,  4C066CC01 ,  4C066DD07 ,  4C066DD08 ,  4C066EE06 ,  4C066HH12 ,  4C066QQ22 ,  4C066QQ41 ,  4C066QQ77 ,  4C066QQ91
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)

Return to Previous Page