Pat
J-GLOBAL ID:200903001570727585

カートリッジ装着装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 伊東 忠彦
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000314232
Publication number (International publication number):2002123999
Application date: Oct. 13, 2000
Publication date: Apr. 26, 2002
Summary:
【要約】【課題】 本発明はカートリッジ挿入動作時の負荷を軽減することを課題とする。【解決手段】 ディスク装置10では、キャリアユニット70のカートリッジレバー77がカートリッジ13を把持して装着位置へ搬送する。そして、キャリアユニット70に揺動可能に設けられたシャッタレバー78のシャッタ駆動ピン113が、ベースカバー120のスリット126に係合しながら挿入位置から装着位置へ移動する過程でカートリッジ13のシャッタ15に係合してカートリッジ13のシャッタ15を開閉させ、且つ板バネ79が突部116をカートリッジ13のシャッタ15を開いた位置に変位した状態のシャッタレバー78の係合孔111に係合させる。そのため、ディスク装置10では、シャッタレバー78のシャッタ駆動ピン113がスリット126に係合する距離を短くしてカートリッジ13を搬送する過程での負荷を軽減することができる。
Claim (excerpt):
記録媒体が収容されたカートリッジが挿入されるのに伴って前記カートリッジを装着位置に移動させながら前記カートリッジに設けられたシャッタをシャッタ開閉部材の動作により開閉するカートリッジ装着装置において、前記シャッタ開閉部材が揺動可能に設けられ、挿入位置に挿入された前記カートリッジを把持して装着位置へ搬送し、あるいは装着位置のカートリッジを挿入位置へイジェクトする搬送部材と、前記挿入位置から前記装着位置へ移動する過程の一部で前記シャッタ開閉部材に係合して前記カートリッジのシャッタを開閉させるカム部と、前記カム部との係合により前記カートリッジのシャッタを開いた位置に変位した状態の前記シャッタ開閉部材を保持する保持部材と、を備えてなることを特徴とするカートリッジ装着装置。
F-Term (7):
5D046AA11 ,  5D046AA12 ,  5D046BA14 ,  5D046CB07 ,  5D046FA04 ,  5D046HA05 ,  5D046HA10
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3) Cited by examiner (3)

Return to Previous Page