Pat
J-GLOBAL ID:200903001615572901

非水電解液二次電池

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998040242
Publication number (International publication number):1999238504
Application date: Feb. 23, 1998
Publication date: Aug. 31, 1999
Summary:
【要約】【課題】非水電解液二次電池の容量保持率及び高率放電特性を向上させる。【解決手段】平均粒子径が0.5〜50μmのリチウムを含む遷移金属複合酸化物と平均粒子径が該リチウムを含む遷移金属複合酸化物の平均粒子径の1〜50%炭素粉末を正極に用いる。そして、該炭素粉末の比表面積が50m2/g、該炭素粉末のC軸方向の面間隔が0.35nm以下、正極合剤中に存在する前記炭素粉末重量を2〜10wt.%にする。
Claim (excerpt):
リチウムを含む遷移金属複合酸化物と炭素粉末より構成される正極を用いた非水電解液二次電池において、該リチウムを含む遷移金属複合酸化物の平均粒子径が0.5〜50μmであり、かつ該炭素粉末の平均粒子径が前記リチウムを含む遷移金属複合酸化物の平均粒子径の1〜50%であることを特徴とする非水電解液二次電池。
IPC (4):
H01M 4/02 ,  H01M 4/58 ,  H01M 4/62 ,  H01M 10/40
FI (4):
H01M 4/02 C ,  H01M 4/58 ,  H01M 4/62 Z ,  H01M 10/40 Z
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page