Pat
J-GLOBAL ID:200903001636949509

電子コイル部品

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 尾股 行雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995000594
Publication number (International publication number):1996186033
Application date: Jan. 06, 1995
Publication date: Jul. 16, 1996
Summary:
【要約】【目的】 弾性の有るコアホルダをEコアの中足に配置することで閉磁路型コアの組み立てや分解を容易にした電子コイル部品を提供する。【構成】 ボビン1に導線7を巻回して形成したコイル部2と、該コイル部2に取り付けたIコア3及びEコア4を組合せて成る閉磁路型コア5と、該閉磁路型コア5を固定するコアホルダ6で構成される電子コイル部品において、前記コアホルダ6は弾性を有するコの字型の板片で、前記Eコア4の中足4a に配置され、その支持片6b と摺動片6a が前記Eコア4と前記Iコア3を挟み込むように装着されて成る構成とした。又、前記コアホルダ6は、その摺動片6a の内側に丸状の凸部6c を設けたり、或いは摺動片6a を外側に向けてへの字型に屈曲させたり、更にその側縁をコの字型に屈曲させて構成すると良い。
Claim (excerpt):
ボビン(1)に導線(7)を巻回して形成したコイル部(2)と、該コイル部(2)に取り付けたIコア(3)及びEコア(4)を組合せて成る閉磁路型コア(5)と、該閉磁路型コア(5)を固定するコアホルダ(6)で構成される電子コイル部品において、前記コアホルダ(6)は弾性を有するコの字型の板片で、前記Eコア(4)の中足(4a )に配置され、その支持片(6b )と摺動片(6a )が前記Eコア(4)と前記Iコア(3)を挟み込むように装着されて成る電子コイル部品。

Return to Previous Page