Pat
J-GLOBAL ID:200903001655396073

四極子質量分析計用四極子電極印加電圧発生回路

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 社本 一夫 (外5名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000217548
Publication number (International publication number):2002033074
Application date: Jul. 18, 2000
Publication date: Jan. 31, 2002
Summary:
【要約】【課題】 高周波電圧が小さい場合も正確に検波でき、検波特性が広い範囲で直線性を有し、使用する度に検波回路の微調整が必要のないようにする。【解決手段】 高周波トランス109で検出された四極子電極印加高周波電圧は、アッテネータ10を介して周波数変換器12及び理想整流器16によりヘテロダイン検波され、印加高周波電圧の包絡線を表す電圧が生成される。理想整流器16はダイオードと演算増幅器との組合わせから構成され、理想的な整流特性を有する。他に、印加高周波電圧とその周波数と同じ周波数の高周波信号とを位相同期させて乗算器で乗算して包絡線検波する方式、アナログスイッチにおいて印加高周波電圧をその周波数の高周波と同じ周波数を有しかつ位相同期した高周波信号でスイッチングして包絡線検波する方式が開示されている。
Claim (excerpt):
四極子電極に直流と高周波の重畳電圧を印加して質量分離作用を行わせる四極子質量分析計用四極子電極印加電圧発生回路であって、高周波電圧発生部、当該高周波電圧発生部で発生された高周波電圧を基準スイープ電圧で振幅変調する変調部、当該変調部で変調された高周波電圧を昇圧して当該昇圧された被変調高周波電圧を前記四極子電極に印加する昇圧部、及び前記昇圧部により前記四極子電極に印加された高周波電圧に基づいて直流電圧を生成する直流電圧生成部を備え、前記直流電圧生成部は前記昇圧部により前記四極子電極に印加された被変調高周波電圧の包絡線レベルを検出するための検波部を有する、四極子質量分析計用四極子電極印加電圧発生回路において、前記検波部は、前記四極子電極に印加された被変調高周波電圧を当該高周波電圧の周波数より低い周波数に周波数変換する周波数変換手段と、理想整流特性を有し、前記周波数変換手段により低い周波数に変換された前記被変調高周波電圧を前記理想整流特性でもって検波する理想整流器とを備えることを特徴とする四極子質量分析計用四極子電極印加電圧発生回路。
IPC (2):
H01J 49/42 ,  G01N 27/62
FI (2):
H01J 49/42 ,  G01N 27/62 L
F-Term (2):
5C038JJ06 ,  5C038JJ07

Return to Previous Page