Pat
J-GLOBAL ID:200903001679499957

錠剤等取出し容器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 今岡 良夫 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001328795
Publication number (International publication number):2003128167
Application date: Oct. 26, 2001
Publication date: May. 08, 2003
Summary:
【要約】【課題】 容器体口頸部内へ、底壁後部を開口させた中栓の周壁を嵌合させ、かつ容器体口頸部へキャップを嵌合させて、容器体傾斜により容器体内収納の錠剤等を、上記開口を通って中栓底壁とキャップ頂壁とが形成する計量室内へ入れ、次いで容器体を正立に戻して計量し、該計量錠剤等をキャップを外し口頸部から取り出すよう設けた錠剤等取出し容器において、錠剤計量および錠剤取出しが容易とした。【解決手段】 上記中栓11の底壁14後縁から、該後縁全長とほぼ同一巾のガイド板17を垂下させた。
Claim (excerpt):
口頸部4を起立する容器体1と、上記口頸部内面へ第1周壁12を嵌合させると共に、該第1周壁下端面を閉塞する底壁14の後部を開口15し、かつ該開口の前縁を形成する底壁後縁から、該後縁全長とほぼ同一巾のガイド板17を垂下する中栓11と、上記第1周壁12の上面を頂壁22で閉塞させて、該頂壁外周から垂下させた第2周壁23を口頸部外面へ着脱自在に嵌合させたキャップ21とで形成したことを特徴とする錠剤等取出し容器。
IPC (4):
B65D 83/04 ,  A61J 1/03 ,  A61J 7/00 ,  B65D 47/06
FI (4):
B65D 83/04 H ,  B65D 47/06 S ,  A61J 1/00 370 A ,  A61J 7/00 C
F-Term (16):
3E084AA04 ,  3E084AA12 ,  3E084AB07 ,  3E084CA01 ,  3E084EA03 ,  3E084EB02 ,  3E084FA09 ,  3E084FB01 ,  3E084GA01 ,  3E084GB01 ,  3E084JA07 ,  3E084KB10 ,  3E084LA17 ,  3E084LB02 ,  3E084LD01 ,  3E084LE08
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 錠剤収納容器
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-279825   Applicant:株式会社吉野工業所
  • 錠剤等の製品収納用容器
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-206923   Applicant:ソルマルテック・ソシエテ・アノニム

Return to Previous Page