Pat
J-GLOBAL ID:200903001712614155

端子部接着固定方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994188871
Publication number (International publication number):1996031539
Application date: Jul. 18, 1994
Publication date: Feb. 02, 1996
Summary:
【要約】【目的】 端子部の接着固定が、きれいな作業環境で、短時間で完了できる端子部接着固定方法を提供する。【構成】 ねじ2の外形より大きい内径で、所定の形状で、所定の厚さの薄板状の接着剤11,12を、ナット3とねじ2の頭の間の所定の位置に挿入して、ラグ板14やワッシャ4,5やブッシュ6,7等と共に、ねじ2で締め付けた後、または、ねじ2で締め付けながら、端子部周辺を加熱昇温し、シャーシ1、基板等に、ねじ2、ワッシャ4,5、ブッシュ6,7等の端子部の部品を接着固定する端子部接着固定方法である。
Claim (excerpt):
ねじの外形より大きい内径を有し、所定の厚さの薄板状の接着剤を、ナットと前記ねじの頭の間に挿入して、ラグ板やワッシャやブッシュ等と共に、前記ねじで締め付けた後、または、前記ねじで締め付けながら、端子部周辺を加熱昇温し、シャーシ、基板等に、前記ねじ、前記ワッシャ、前記ブッシュ等の端子部の部品を接着固定する端子部接着固定方法。
IPC (2):
H01R 43/00 ,  H01R 4/38
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (10)
  • 特開昭61-055407
  • 特開昭61-055407
  • 特開昭58-049018
Show all

Return to Previous Page