Pat
J-GLOBAL ID:200903001771415581

魚釣用リールのハンドル

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996093460
Publication number (International publication number):1997252689
Application date: Mar. 22, 1996
Publication date: Sep. 30, 1997
Summary:
【要約】【課題】ハンドルツマミのハンドルアームへの組込み作業性を向上させると共に、確実な抜け止めを図ることのできる魚釣用リールのハンドルを提供すること。【解決手段】リール本体の駆動軸に装着されるハンドルのハンドルアームの端部に固定された支軸に回転自在にハンドルツマミを抜け止めされてなる魚釣用リールのハンドルにおいて、ハンドルツマミ33を前記支持軸34に回転自在に支持される筒軸33aと、該筒軸の端部に一体的に形成された握部33bの内側に該握部の長手方向に空胴33cを形成して、該空胴の開口端部33fをキャップ35で閉塞すると共に、前記支軸にハンドルツマミを抜け止めする抜け止め支持部材たる係止具37を前記握部内側の長手方向の両側部で移動不能に係止する。
Claim (excerpt):
リール本体の駆動軸に装着されるハンドルのハンドルアームの端部に固定された支軸に回転自在にハンドルツマミを抜け止めされてなる魚釣用リールのハンドルにおいて、前記ハンドルツマミを前記支持軸に回転自在に支持される筒軸と、該筒軸の端部に一体的に形成された握部の内側に該握部の長手方向に空胴を形成して該空胴の開口端部をキャップで閉塞すると共に、前記支軸にハンドルツマミを抜け止めする抜け止め支持部材を前記握部内側の長手方向の両側部で移動不能に係止したことを特徴とする魚釣用リールのハンドル。
IPC (2):
A01K 89/01 ,  A01K 89/015
FI (2):
A01K 89/01 D ,  A01K 89/015 D

Return to Previous Page