Pat
J-GLOBAL ID:200903001782437552

摺動面への微細凹部形成方法及び微細凹部形成装置並びに摺動部材

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (6): 三好 秀和 ,  岩▲崎▼ 幸邦 ,  川又 澄雄 ,  伊藤 正和 ,  高橋 俊一 ,  高松 俊雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006335955
Publication number (International publication number):2008144937
Application date: Dec. 13, 2006
Publication date: Jun. 26, 2008
Summary:
【課題】簡単な方法で微細な凹部を形成することができ、生産効率を低下させることなく凹部の形状を任意に変えることのできる摺動面への微細凹部形成方法を提供する。【解決手段】相互に摺動する2つのピストンとシリンダボアのうち、シリンダボアのボア内壁に微細な凹部11を複数形成する摺動面への微細凹部形成方法において、ボア内壁1aにレーザhvを照射して断面形状を略U字状とした微細な第1凹み11Aを形成した後、そのレーザhvの照射センター位置C2を摺動方向にオフセットして前記第1凹み11Aの脇にさらにレーザhvを照射して第1凹み11Aと連接する第2凹み11Bを形成し、さらに照射センター位置C3をオフセットして第2凹み11Bとは反対側であって第1凹み11Aの脇にレーザhvを照射して第1凹み11Aと連接する第3凹み11Cを形成することで微細な凹部11を断面略W形状とする。【選択図】図3
Claim (excerpt):
相互に摺動する2つの摺動部材のうち一方の摺動部材の摺動面に微細な凹部を複数形成する摺動面への微細凹部形成方法において、 前記摺動面にレーザを照射して断面形状を略U字状とした微細な第1凹みを形成した後、前記レーザの照射位置を摺動方向にオフセットして前記第1凹みの脇にさらにレーザを照射して第1凹みと連接する第2凹みを形成することで微細な凹部とする ことを特徴とする摺動面への微細凹部形成方法。
IPC (7):
F16J 10/04 ,  F16C 17/10 ,  F16C 33/14 ,  F02F 1/00 ,  B23K 26/38 ,  B23K 26/04 ,  B23K 26/08
FI (7):
F16J10/04 ,  F16C17/10 Z ,  F16C33/14 Z ,  F02F1/00 F ,  B23K26/38 330 ,  B23K26/04 Z ,  B23K26/08 F
F-Term (21):
3G024AA23 ,  3G024AA25 ,  3G024AA32 ,  3G024EA01 ,  3G024FA06 ,  3G024FA07 ,  3G024FA14 ,  3G024GA23 ,  3J011BA02 ,  3J011DA02 ,  3J011KA04 ,  3J011MA02 ,  3J044AA12 ,  3J044BA07 ,  3J044BC13 ,  3J044CC03 ,  3J044DA09 ,  4E068AF00 ,  4E068CA09 ,  4E068CE01 ,  4E068DA02
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 摺動部材
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2004-352651   Applicant:日産自動車株式会社

Return to Previous Page