Pat
J-GLOBAL ID:200903001840614524

遺伝子検査容器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 青山 葆 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002131746
Publication number (International publication number):2003038161
Application date: May. 07, 2002
Publication date: Feb. 12, 2003
Summary:
【要約】【課題】 遺伝子増幅から検出までを単一の容器で特殊な機器を使用することなく実施するための容器、ならびに核酸サンプルの汚染を予防する手段を含んだ核酸増幅と検出を実施するための方法と容器を提供すること。【解決手段】サンプルチャージャー、反応チューブ、サンプルパッド、フロー膜、吸水パッドを含む遺伝子検査容器容器。
Claim (excerpt):
遺伝子検査容器であって、(a)標的遺伝子を含有する可能性のある液状検体を導入するためのサンプルチャージャーであって、反応チューブ用キャップおよび液状検体導入用手段を含む、サンプルチャージャー;(b)少なくともひとつの反応チューブであって、該反応チューブ内に遺伝子増幅試薬が含有され、該反応チューブの開口部はその形状に適合した穴を有するサンプルパッドと連結しており、該反応チューブの開口部がサンプルパッドを介してまたは介さないでサンプルチャージャーによってキャッピングされる、反応チューブ;(c)反応チューブと連結しているサンプルパッド;(d)液体の流れを引き起こすためのフロー膜であって、該フロー膜はサンプルパッドに連結しており、該フロー膜上に固定化された増幅産物をトラップするためのキャプチャー分子を有する、フロー膜;および(e)フロー膜に連結している吸水パッドを含む容器。
IPC (7):
C12M 1/00 ,  C12M 1/34 ,  G01N 33/48 ,  G01N 33/53 ,  G01N 33/566 ,  G01N 37/00 101 ,  C12N 15/09
FI (7):
C12M 1/00 A ,  C12M 1/34 Z ,  G01N 33/48 E ,  G01N 33/53 M ,  G01N 33/566 ,  G01N 37/00 101 ,  C12N 15/00 A
F-Term (29):
2G045AA28 ,  2G045BA01 ,  2G045BA11 ,  2G045BA13 ,  2G045BB53 ,  2G045CB21 ,  2G045DA12 ,  2G045DA13 ,  2G045DA14 ,  2G045FA18 ,  2G045FB02 ,  2G045FB07 ,  2G045FB11 ,  2G045FB17 ,  2G045HA09 ,  4B024AA11 ,  4B024BA11 ,  4B024CA02 ,  4B024CA09 ,  4B024DA06 ,  4B024EA04 ,  4B024HA11 ,  4B024HA14 ,  4B024HA19 ,  4B029AA07 ,  4B029AA08 ,  4B029BB20 ,  4B029FA01 ,  4B029GA08

Return to Previous Page